WSOP2014優勝者はMartin Jacobson(マーティン・ジェイコブソン)

スウェーデン人初の快挙!優勝賞金は1千万ドル

先日行われましたポーカー世界大会「WSOP2014」(World Series Of Poker 2014)のメインイベントにおいて、スウェーデン・ストックホルム出身の27歳、黒縁メガネがトレードマークのマーティン・ジェイコブソン(ヤコブソン)さんが見事チャンピオンに輝きました。

優勝賞金は$10,000,000、日本円(1ドル100円換算)にして、約10億円を獲得!!

その勝利の瞬間を、ぜひ動画でご覧ください。
(動画は約8分間。勝利者インタビューは約5分~。)

27歳という若さで栄冠を手にしたマーティン・ジェイコブソンさん。元々、バルセロナのミシュラン3つ星レストランのシェフになることが夢でしたが、18歳のときにポーカーのテレビ番組を観てポーカーに魅了され、すぐさま始めたオンラインポーカーのフリーロール(参加費無料のトーナメント)や低レートのテーブルでコツコツと資金作りをしながらポーカーの腕を磨いていったそうです。

ポーカーの世界では億単位の巨額の資金が動くことが有名ですが、やはりコツコツと堅実にバンクロール(資金)を築き上げていくことは多くのトッププレイヤーに共通する点といえます。

日本においても、プロのポーカープレイヤーとして活動している木原直哉さんをはじめ、多くの日本人プレイヤーが続々と誕生しています。

数年後のWSOPで10億円の優勝賞金を手にするのは、もしかしたらこの記事をご覧のアナタかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る
翻訳する »